FC2ブログ

ご縁

大澤雅彦教授。(←私が研究室にいたころにつくったサイトだ!まだ使ってくれていて、ちょっと感激)
植物生態学の世界的権威だ。

そして私の恩師でもある。



そのたたずまいは、
凛とした森の空気そのもので、いつも澄み切っている。
俗世を浄化する作用さえ、持ち合わせているかのようだ。

それゆえ、
いい加減なこと、生半可なことは
一瞬にして見破られる。
教授の部屋のドアをノックするときは、いつもほんとに緊張した。

緊張はするんだけど、
先生との会話はとても心地よい。
なんか不思議。

超多忙なはずなのに、
研究に関することはもちろん、
人生についてとか、超アホなことについても、
真剣かつ親身になって相談にのってくれた。

志半ばで、実務に入った自分。
アカデミックな世界と、実務とのギャップについて、
先生に報告にでもいくか、と思い始めた矢先。

先生は大学を退官される。

大学に行けば、大澤先生と話が出来る。
これ、じつはとても大きなココロの支えとなっていたんだ。

今更気がついた。

-----------------
自然観察ブログのランキングです!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ←他の自然観察はこちらから!

人気ブログランキングへ
←有名ブロガーが競います。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

こんにちは!
ときどき会いたくなる恩師がいるって
ものすごく幸せなことですよね~
私にとっては、中学の時の担任がそういう方で
先日、上京された際に10年ぶりにお会いし
一緒に飲んだくれました~

>rockey-tommyさん
こんにちは!
先生と飲めるなんて、
大人になって良かったな~と思う事のひとつだよね!

あ、それよりも。
中学の先生と、いまだに交流があることが
すばらしい!

僕の恩師でもあり、のりさんと知り合うきっかけになった大澤先生。
本当に、厳しかった。
何年か前、何かのセミナーで「この人に自分を認めてもらいたい人を1人あげよ」という課題が出て、僕は迷わずに大澤先生を思い浮かべました。
10年を越えた大澤研究室での学生生活を思い出すたびに、今でも胃が痛くなるような思いがよみがえってきます。
いまでも、何かで先生と連絡を取るときは、緊張します
でも、そんな先生も退官かあ。
あの10年があるから、今の自分があることは、絶対に確か。
感謝の気持ちをこめて、ゆっくりお手紙でも書いてみようかなあ。

>なおきちさま
なんと、10年越!それはすごいな。

大澤先生は、なおきちさんとのご縁も
くださったんですよね。

人のつながり。それによる人生のちょっとした転換。
いろいろ考えると、ちょっと感無量です。

わたしも改めてお手紙書いてみようかな。
非公開コメント

プロフィール

中西のりこ

Author:中西のりこ
こんにちは!noriです。
ペンとスケッチブックを持って
森や都会に出没します。
どうぞよろしく!(^-^)/

カレンダー


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター