FC2ブログ

かみなりさま

自然界のダイナミズムを山で体験!
  20070515214608.jpg


見てくださってありがとうございます!
現在のブログランキングです。
これからも応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓
 ←他にも面白い絵日記てんこ盛りです!

自然観察ブログのランキングです!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ←自然観察野郎もこんなに沢山います!

スポンサーサイト



コメント

雷の中、お疲れ様でしたと言うべきところですが、正直な
ところ、いかがなものかというように感じました。

雷雨は、単なる雨と違って、どこに落ちるか予想不可能な
落雷での死亡率が極めて高くなっています。ほとんどが死亡
事故です。
今回の雷雨は、前もって予想されていて前日の天気予報でも
注意喚起していましたし、当日は早朝から雷注意報が出っぱ
なしになっていました。
このような状況で、山に入るという判断は、プロとして
どうかと思います。やむを得ず山に入るにしても、雷の接近
が分かったら避難小屋(かなり離れていますが)に移動する
などの待避策を考えるべきだと思います。
上司の指示なのかも知れませんが、人命優先に考えるべき
ではないかと思います。事故がおきてからでは遅いのです。

かくいう私も人のことは言えず、過去には山の中で雷に
遭遇するしたこともありますが、これは自分の気象に関する
判断ミスで未熟だったと考えています。
でも、最近は天気予報を確認して入山し、雲行きが怪しい
ときには携帯のつながる所では177番で注意報の有無を、
そうでないときはAMラジオの雑音の有無で確認するように
しているためか、山の中で雷に遭遇することが無くなり
ました。ヤバそうな時は、入山しないとか、速やかに下山
するといったことを心がけています。

いつもは楽しく拝見させて頂いているし、プロに向かって
生意気と思いましたが、今回だけは苦言を申し上げました。

> イガさま

補足させていただきます。

天気の急変を感知した上司の現場対応は適切でしたし、
また、常に私たちの安全を考えてくださいました。

また、林の中で雷に遭遇することは実はよくあって
突出した大木のない林の中なら大丈夫という判断もありました。

お互いの能力を知っている、身内だけの現場仕事においては、
多少無理をしてでもやれるときにやってしまおう、
とうノリ、どの業界にでもあるのではないかと思います。
実際そうじゃないと仕事はまわっていかないし。

今回はまさにそのケースでした。

でも、おかげでいろいろ考える機会をいただきました。
イガさん、ありがとうございました!

おおよそ、そのような感じかなとは思っていました。

これ以上、五月蠅いことは申し上げませんが、とにかく、
field_workerさん、今後も体というか命を大事にして
下さいね。

お仕事、お疲れ様でした。

> イガさま

いやぁ、今はね、
丹沢で仕事ができることがただうれしくて、
夢中になっている所もあると思います。

雷雨の中でさえ、
この気象条件で林の中がどのように変化していくのか、
自然の中にいることを楽しんでいる自分がいました。

ほんと親身なご忠告、ありがとうございます!
健康であってこその野外スケッチ観察だもんね。
無茶すぎないようがんばります!
非公開コメント

プロフィール

中西のりこ

Author:中西のりこ
こんにちは!noriです。
ペンとスケッチブックを持って
森や都会に出没します。
どうぞよろしく!(^-^)/

カレンダー


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター